インスタグラムのライバルはどこだ!?

パソコンからだけでなくスマートフォンからも簡単に文章や画像、撮ったばかりの写真などをアップロードできることから絶大な人気を誇っているSNSのインスタグラムではありますが、まったくライバルがいないわけではありません。
同じSNSでもTwitterやFacebook、LINEなどといった便利なSNSがいくらでも存在しているからです。

10代の世代から考えるとインスタグラムのライバルはLINEだと言えます。
高校生や大学生の半分近くがLINEをやっているといったデータがあるに対して、インスタグラムの利用者数は正直なところ劣っているからです。
30代や40代といった方がよく利用しているのがTwitterなので、中高年世代から見たライバルはTwitterであると言えます。
どちらも使い勝手はいいものの、Twitterのほうが先に生まれたのでインスタグラムやFacebookに乗り換えずそのまま利用を続けているといった中年層が多いからです。

異業種で言えばYouTubeもインスタグラムのライバルになっています。
写真ではなく動画のアップロードに適しており、SNSのような形で友達や第三者とのやり取りが容易に可能となっているためです。
異業種というよりは同業種に近いのですが、アクセスしてきた閲覧者とのやり取りをネット上で済ませられるといった点から個人が運営しているホームページやブログもライバルとして捉えておいて構わないと言えるでしょう。
しかしホームページやブログは余程の大手でない限りはライバルだと認識せず切り捨ててしまっていいことも覚えておいてください。

色々なSNSがある中でもインスタグラムが人気を得ている理由は、使いこなすことさえ出来れば簡単に誰かとのつながりが持てるからです。
この繋がりの持ちやすさにのみ焦点を当てるなら、閲覧だけなら会員登録しなくても可能なTwitterとYouTubeのふたつが強力なライバルだと言えます。
アップロードによる仕様の変更が稀にあるとは言え、両方とも使いこなすことが簡単だという部分もインスタグラムのライバルだと言えるポイントです。

ただどのSNSもほぼ確実に無料で使用できるようになっていますので、全てのSNSに登録しておき必要なときにだけログインするというのも賢い選択だと言えます。
普段はインスタグラムをメインに使い、ライバルであるTwitterやYouTubeなどをたまに利用するといった行為が可能だからです。

関連記事